ブリービクスとは

呼吸運動は支柱と梁を築く

呼吸運動とは『吸う』と『吐く』での背骨や肋骨(胸郭)の動き。筋と骨格の運動で肺の大きさを変化させ、その圧力差を利用して空気を入れたり出したりしています。

支柱(正中線・縦軸)となる機能
梁(水平軸・横軸)となる機能

姿勢・動作は「呼吸運動」と協調する

呼吸運動が自ら軸となり、あらゆる動作の中で呼吸を確保する。なんと賢いシステムなのでしょう!!それを可能にする人体の構造にも脱帽です。

人体の筋骨格系はどんな動作の中でも「呼吸運動」が保たれるように仕組まれている

協調すると3つの現象が現れる

良い姿勢・良い動作は、身体の内側に現れる

全身の骨格と筋が「呼吸運動」と協調すると、それに同調して3つの腔の内圧が協調します。協調の反応として3つの腔に特有の現象が現れます。

3つの現象が全身を調和させる

全身の調和は体内圧が均衡を保つこと。人体は「重力/大気圧」の中で生かされています。

「呼吸運動」は内圧の変動。体内のモーターになる!胸腔内圧の変動に同調し、口腔と腹腔が体内圧の均衡を保とうとする。これも協調

睡眠時は呼吸筋も含め筋肉の活動が抑制(ノンレム睡眠)されますが、良質な睡眠には抗重力筋(姿勢筋)の活動が完全に消失(レム睡眠)する時間帯も必要です。

 

内圧の協調は上気道の開通を確保し、呼吸の供給を安定させます。骨格と筋も安心して深いリラックス状態に。熟睡のメカニズムです。

 

呼吸は活動のエネルギー源であり、リラックスの拠り所!


3つの現象は体性感覚。誰にでも分かります!

姿勢も動作も3つの現象が「正しい」証拠。バランスが悪いと現象は1つも現れません。姿勢も動作も身体の中の体性感覚で練習するのが最善で最短の改善方法です。

ブリービクスの呼吸は3つの現象を的確に導く呼吸法 エクササイズでは関節や筋肉が連鎖して動くことを実感できます

中心は末端で活かされる

エクササイズは日常の動作・日々の営みに生かされてこそ意味があります。毎日の動作や行為を思い浮かべてみて下さい。舌の働きが、手指の巧みさが、足裏の安定性が、そして頭を自由に動かせる事、それらがどれほど有り難い事か。「生きる術」の全てがそこにあります。大切にしなければなりません。

 

は人体の末端。その悪癖は中心機能である「呼吸運動」を直に阻害し、そのまま正中線上に位置する舌の筋力を低下させ顎関節の悪癖を招き、頭部は不安定に。中心を失った末端はパフォーマンスが低下。バランスの崩れは様々な部位の痛みや不具合の原因になります。

手は把握構造 最大の悪癖は、指を反り返す使い方。足指の動きは構造の要 指の動きを失くす事が最大の悪癖  (原因の多くは靴にある)

驚異の性能を持つ。パフォーマンスの低下は人生の損失。悪癖を正して呼吸運動と協調させましょう!

行儀作法で「ダメ」とされることを試してみると一瞬で3つの現象は消失。「正しい」に変えた途端に3つの現象が現れます。

行儀作法は「合理的で効率的な身体の使い方」なんですね。だから美しい…

先人の知恵に感謝。

ブリービクスは3つの現象が動作の基本

3つの現象はエクササイズで「身体能力が向上する」証拠。スポーツ、ダンス、声楽、演奏などパフォーマンスの基礎トレーニングとしても最適です。

ブリービクスは口の閉じ方、舌筋力、足指・手指の関節動作まで組み込まれたエクササイズプログラム

だから、動くことが面白く、楽しく、そして嬉しくなる

ブリービクスは全身の隅々までカバーするエクササイズ。「エクササイズをする」ことに真の価値が生まれます。全身で効果を実感。それがブリービクス。

「身体の最良の友」となるはずです!